tao ブログ

愛犬の思い出
坂本龍馬暗殺考察

桃・偶然・上州さんと似た話題かな

  ひと月前に、桃の苗木をネット発注した。
3月末にお届けのメールが来たが、2日後に届いた。
産地は、川中島である。
白桃である。
実が成るとは夢にも思っていない。


 去年からあちこちのホームセンターに出掛けて
桃の苗木を探したが、どこにもなくて、あきらめかけていたが
フッとアマゾンで検索したら、あっさり手に入った。
ホームセンターではいつも、「もう、ももーっ」とかで
ぼやいていた。


 今回の寒波が効いたのか、全く音なしのひと月であった。
借家なので、庭に植えるのは、憚られて、でかいポリバケツに植えた。
全く元気がなくて、内心失敗したなあと思っていた。
ほんの小さな虫眼鏡で見ないとわからないような新芽が
ひとつあったので、これが芽吹いて来なかったらもうあかんと
覚悟していた。
まあ、損害額は2,000円ちょっと。


 それが今日の昼間見てみたら、芽吹きが少しだけほんの少しだけ
大きくなっていた。
微かな希望を感じさせるという点では、朝鮮半島情勢みたい(笑)


 桃栗3年柿8年とか言うなあ。
あと3年、生きられるかな?


 もしこの桃が育って、移植して大きくなって
白桃が1個でもなったら、そりゃあ嬉しいでしょうなあ。
もったいなくて、食べられない(笑)
桃さん、頑張って、生きろよ。


 孫に言うとかないかん。
桃がなったら、じいじいの仏前にお供えしてな。
「ぶつぜんて、なに?」
多分、孫は聞くやろね。


「仏様のやね、仏壇のやねえ、お菓子とか並べてあるところのやねえ
時々ろうそくがついてるとこや」
「ふーん」
まあこんな会話でっしゃろな。
なんかもう、自分が仏壇の中に居てるような気になってきた。
とんでもない!あと3年は絶対生きるぜ!(笑)