tao ブログ

愛犬の思い出
坂本龍馬暗殺考察

ほんまもんになれるか、無理か・・。

  これは困ったことになって来た。
稀勢の里2敗である。
完全に力負けしているのは、誰の目にも明らかだ。


 あいつがやれるんなら、俺もやれる!
下位の力士がこぞって挑戦してくる。
あと12人 戦えるか・・・。


「努力逆転の法則」に陥ってしまっているから
小手先の努力や精神論は、何の役にも立たない。


なりふり構わず、張り手で戦うタイプでもない。


 此処に来て、持って生まれた彼の優しさが
勝負の世界で、害毒となっている。


 5敗までは仕方ないと割り切って何とか千秋楽まで努めるか
今更星勘定をしても何やら虚しい。



大関在位期間が長過ぎて、念願の横綱になれた
「やれやれ症候群」に罹患しているように見える。


相撲が取れる権利をなくしてしまった者から見れば
何と歯がゆいことか。


 やっぱり横綱は凄い!
対戦相手に底力を見せつける内容の取り口でないと
この状態からは脱出出来ないだろうなあ・・・。


 男は、目標達成後は、すぐに次の目標を設定しないと
自らに負ける・・・。
誰よりも彼よりも、自らに負けると・・始末が悪い。


ただの男、一介の勝負師に徹して
激しい気迫を集中させるしか手は無い。


負けても命まで失くさない・・故に、本気が出ないのだ。